カテゴリ: ●ホビー


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 19:44:41.20 ID:grKhgSfv0
    ミニ四駆は面白かったし
    ハイパーヨーヨーはまあまあ面白かったのにな

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 14:56:51.92 ID:5ElecGZfa
    組み立てるだけじゃなくて色も塗る

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 01:01:56.43 ID:+qju87X/0
    ジオニックフロント以来やってないんやが

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 01:42:07.70 ID:7TkhFsj+0
    no title

    装甲展開ギミックが追加された模様

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ [CN] 2017/08/18(金) 03:49:17.41 ID:H83rYDtY0● BE:833816615-PLT(26000) ポイント特典
    http://bandai-hobby.net/

    お勧めのガンプラ教えて

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ [CN] 2017/07/23(日) 07:45:33.98 ID:fFIBbmcC0● BE:833816615-PLT(26000) ポイント特典
    http://www.gundam.info/topic/18404
    2017年7月21日(金)
    4機体のギミックを備えた両腕部は新規造型!「HGBF アメイジングズゴック」本日予約受付スタート!
    プレミアムバンダイでは、本日7月21日(金)より「HGBF アメイジングズゴック」の予約受付がスタートした。10月発送予定、価格は1,620円(税込)。

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 19:38:45.48 ID:S5InHSWa0
    ワイのはこれ!w
    ヴィレヴァンで1500円やったで

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [GB] 2017/06/23(金) 16:16:13.82 ID:+ZPTm3ce0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    小学生の間で大流行しているのが「爪楊枝ボウガン」と呼ばれる玩具。
    といっても、言葉から想像するものよりも威力が高く、既に成都市などで規制が始まっていると報道されています。
    日本でも入手が可能になってきたこともあるため、危険度を伝える意味を含めてお伝えします。
    この「爪楊枝ボウガン」は金属や木で造られたミニチュアのボウガン。
    素材や威力は製品によって異なりますが、強力なものは爪楊枝を発射しても果物や野菜に突き刺さる程度の威力があります。

    しかも強力なものになると、金属製の針を飛ばすことできるほどの威力を持っており、かなり危険なものとなります。

    さて、この爪楊枝ボウガンですが、日本でも販売する業者が表れています。ニュースで話題になったためか、一時期はAmazonのホビー部門の1位と2位にもなっていました。

    中国で大流行、規制も掛かった「爪楊枝ボウガン」はこんなアイテム。日本のAmazonにも登場(世永玲生)
    http://japanese.engadget.com/2017/06/23/amazon/
    no title

    no title

    no title

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [JP] 2017/06/24(土) 11:10:50.64 ID:nSQw8IVy0 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
    ドラゴンクエスト 花札

    「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するモンスターをあしらった、全札オリジナル柄の花札です。
    花札として使用するのはもちろん、イラストをながめているだけでも楽しい仕上がりになりました。

    [セット内容]遊び方説明書、役一覧、オリジナル包装箱、プラケースつき

    https://www.amazon.co.jp/dp/B072X61JC7

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [DE] 2017/06/07(水) 09:55:51.26 ID:DQkNHAdH0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    1980年代に大ブームを巻き起こした「ガンダム消しゴム」(ガン消し)が、いま好事家の間で「驚くような値段」で売買されている。
    抽選や限定品など特に希少価値の高い商品ともなれば、一体あたりの買い取り価格が数十万円になることもザラだ。

    「レアなタイプが入荷すれば、どんなに値段が高くてもすぐ売れます。『キン消し』よりはマイナーかもしれませんが、ファンは多いんです」――。
    そう語るのは、コレクター向けのレトロ玩具専門店「ゼウスの森」の岩城帝熙(ていき)店主だ。

    レアなタイプが入荷すると、すぐ売り切れ

    同店の販売リストをみると、数十万円単位の値がついている商品はない。その理由について、店主の岩城さんは2017年6月6日の
    J-CASTニュースの取材に対し、

    「そもそも、レアな商品はほぼ入荷しないんですよ。数十万円の値がつくようなものは、ほとんど市場に出回っていません。そのため、
    レアな商品が入荷した場合は、すぐに売れてしまうんです」
    と説明した。

    https://www.j-cast.com/2017/06/06299882.html?p=all

    押入れの「ガン消し」がプレミア価格で売れる!?(画像はゼウスの森ウェブサイトより)
    no title

    続きを読む


    1: ニライカナイφ ★ 2017/06/06(火) 20:14:58.05 ID:CAP_USER
    テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」に、主人公機として登場した「Zガンダム」。
    そのプラモデルを、塗装でイラストっぽく見えるように仕上げた作品が、立体物なのに2次元にしか見えない……!

    https://twitter.com/kyo512a/status/871345827498807297
    https://twitter.com/kyo512a/status/871414828090261504

    イラストみたいだろ。プラモデルなんだぜ、これで……
    no title

    no title

    no title

    no title


    投稿したのは、アニメ塗り(プラモデルをアニメ風に塗装)した「ガンダム バルバトスルプスレクス」でも話題になった今日さん(@kyo512a)(関連記事)。
    今回は、金属光沢などを表現するアニメーションの作画手法として知られる通称「ワカメ影」を使い、「Zガンダム」を制作しています。

    投稿者のツイートには、単色で塗り分けた各パーツに影などを表現する色をのせていき、プラモデルをまるで魔法のように“イラスト化”していく塗装過程も。
    途中段階までは立体物らしさが感じられるのですが、完成品を撮影した画像は、まるでアニメのワンシーンのような仕上がり。
    実写背景が残っている画像を見ても、イラストを合わせた合成写真と錯覚してしまうのでは?

    https://twitter.com/kyo512a/status/870338691427778560
    https://twitter.com/kyo512a/status/871228821499817985

    完成するとこんな感じに
    no title


    また、投稿者はこの「Zガンダム」を回転させている動画も公開。アハハ……イラストかな。
    いや、違う、違うな。イラストはこんなバーッて動かないもんな……(混乱)。

    https://twitter.com/kyo512a/status/871406314265628672

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/06/news030.html

    続きを読む


    1: ニールキック(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/05/13(土) 09:25:24.89 ID:uBADLSiW0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    プラモが挑むポージングフィギュア表現の驚くべき進化

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/12/figure/

    バンダイが展開するキャラクタープラモデル「Figure-riseBust(フィギュアライズバスト)」の特集コーナーが、「第56回 静岡ホビーショー」(ビジネスデイ5月11・12日、一般公開日13・14日)内で展開されている。
    ブースでは、初期アイテムから、2017年8月発売の最新作「Figure-riseBust 初音ミク」(1,944円/税込)までの商品がズラリと並ぶ。2016年にスタートした同プロジェクトは、わずか1年で驚くべき進化を遂げていた。

    「Figure-riseBust」は、バンダイホビー事業部がガンプラなどで培った技術の粋を集めた新技術「レイヤードインジェクション」により、表情豊かなキャラクターをプラモデル化してきたブランド。
    「レイヤードインジェクション」は極小1パーツを4色成形できる技術で、これによりプラモデルで瞳の陰影やまつげ、眉毛を成型色で再現できるようになった。

    今回発表された「初音ミク」では、瞳表現の到達点として、顔と瞳が一体になった「レイヤードインジェクション」を実現。躍動感のあるロングヘア、体のライン、指先の豊かな表情も再現されており、
    これまで「Figure-riseBust」で蓄積されたノウハウが詰め込まれたアイテムとなっている。

    続きを読む


    1: フォーク攻撃(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US] 2017/05/08(月) 06:49:20.86 ID:5i+ta1h80 BE:487816701-PLT(12000) ポイント特典
    EnndalGames.com‏ @MTG_EnndalGames

    【店舗からのお願い】三月に入り少しずつ暖かくなってきました。
    それに伴い不衛生な状態でご来店される方が散見されるようになりました。
    ご来店される際は入浴等を徹底し、清潔な状態でご来店下さいますようお願いいたします。
    目に余る場合はご退店頂く事も御座いますのでご協力の程お願いいたします。

    https://twitter.com/MTG_EnndalGames/status/841627758425923584

    no title

    続きを読む


    1: ほしな ★ 2017/04/30(日) 15:06:38.73 ID:CAP_USER
    「ガンプラ戦記 ジャブローズ・スカイ」のゆきもり原作、ロドリゲス井之介作画による単行本「ガンプラはなぜ37年も売れ続けているのか?」が発売された。

    同書ではガンプラ好きのゆきもりが、37年間売れ続けているガンプラの秘密を解くべく、バンダイの社員を直撃取材。営業や設計、企画、相談センターなど、さまざまな立場から検証し、マンガでわかりやすく解説している。そのほか「全てのビジネスに通じる ゆきもり的視点」と題したコラムも掲載。ガンプラ好きはもちろん、ビジネス書としても楽しめる1冊だ。なお単行本の帯には、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の太田垣康男によるコメントが掲載されている。

    no title

    http://natalie.mu/comic/news/230832

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング