カテゴリ: ●ライトノベル(もしくはそれに近い一般小説等)


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 08:48:57.73 ID:vDWXvxrz0
    ひどい
    ec6916c7

    続きを読む


    1: フロントネックロック(四国地方)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/30(水) 22:36:19.14 ID:m8dST0ER0
     
    最近ではこれが面白かったです(´・ω・`)p

    http://ure.pia.co.jp/articles/-/66892
    作家・草野原々によるSF小説「最後にして最初のアイドル」が11月22日に発売されました。
    「第4回ハヤカワSFコンテスト」にて特別賞を受賞した本作は、
    アニメ『ラブライブ!』に登場するキャラクター「矢澤にこ」「西木野真姫」のふたりに
    フォーカスを当てた二次創作ノベル「最後にして最初の矢澤」を元に、
    作者である草野さん自身が改稿・改題して書き上げたSF小説。
    受賞直後に「ラブライブ!」ファンやSFファンを中心に大きな話題となりました。

    【あらすじ】

    時はアイドル戦国時代。生後6か月でアイドルオタクになった古月みかは、
    高校のアイドル部で出会った新園眞織とともに宇宙一のアイドルになることを目指す。
    しかし非情な現実が彼女の望みを打ち砕くのだった。それから数年後、謎の巨大太陽フレアが発生。
    地球人類は滅亡の危機に陥る。
    地獄のような世界をサヴァイヴする彼女たちが目にした、〈アイドル〉の最終局面とは?

    『最後にして最初のアイドル』  草野 原々 (著)
    Amazon Kindle版 ¥130
    https://www.amazon.co.jp/dp/B01NCA4FBB/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_h.WmybBH845ZV

    小松左京ヲタの東浩紀も絶賛

    草野原々、逸材すぐるw
    https://twitter.com/hazuma/status/801009665572122624?lang=ja
    https://twitter.com/hazuma/status/801010848479092736?lang=ja
    no title

    続きを読む


    1: トペ コンヒーロ(千葉県)@\(^o^)/ [US] 2016/12/06(火) 17:13:01.16 ID:WODX/jb/0
    誰とは言わんけど

    フォークの“聖地”最後のイベント 別れ惜しむ 感謝する集いに全国からファン /静岡
    25日に営業終了
     今月25日に営業を終了する「ヤマハリゾートつま恋」(掛川市)で4日、吉田拓郎さんら多くの
    アーティストのコンサートを手がけた音楽企画ディレクター、木下晃(あきら)さん(70)を囲む会
    「つま恋と木下さんに感謝する拓郎ファンの集い」があった。フォークソングの“聖地”で最後の
    イベントになり、全国からファン約160人が駆けつけ、別れを惜しんだ。
    http://mainichi.jp/articles/20161205/ddl/k22/200/046000c
    img_725467_20454509_0

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 11:34:35.82 ID:fD3keE4L0
    言うほどすごいよ
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 18:23:34.69 ID:BY/OZR/K0
    とりあえずデータで示せばいいのかな?

    続きを読む


    1: マシンガンチョップ(catv?)@\(^o^)/ [US] 2016/10/27(木) 12:58:42.69 ID:17VLT19g0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    表紙や挿絵にアニメ調のイラストを使い、読みやすく書かれた「ライトノベル」(ラノベ)と呼ばれる小説が人気だ。
    毎日新聞社が全国学校図書館協議会(全国SLA)と合同で実施した「第62回学校読書調査」で、ラノベを読むかを尋ねると、
    小学生では「よく読む」「たまに読む」と答えた人は5割。
    中学生で読む人は4割、高校生は3割に下がったものの、小中高ともラノベ読者は本を多く読む傾向があった。
    専門家は「児童・生徒の読書の入り口になっている」と分析している。【浜田和子、今村茜、大隈慎吾】

    第62回学校読書調査
    ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと
    http://mainichi.jp/articles/20161027/ddm/010/040/028000c
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 14:31:00.52 ID:Dz9EJPgT0
    すこ

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 01:34:53.99 ID:kYmjdmhd0
    ぶっちゃけハマる人が多いのはわかるよな
    人に愛されたことない人はせめてラノベの中くらい愛されたいし
    ソースはワイ

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/27(土) 00:59:48.12 ID:OD44IDGP0
    悲しくない?

    続きを読む


    1: キドクラッチ(庭)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 19:34:46.50 ID:RgVsutJ60 BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    ネット業界にかかわる当事者へのインタビュー「YOL-ON」。第2回は、株式会社ドワンゴ代表取締役会長で、カドカワ株式会社代表取締役社長の、川上量生氏に聞きます。 (中略) >例えば、ライトノベルの分野で言うと、今は売れるための絶対の方法があるんです。
    ――軽いタッチで描かれた、若年層向きの小説ですね。

    ライトノベルの主人公は努力しちゃダメなんです。読む側が自分を投影できなくなるからです。ヒロインは都合よく向こうからやってくる。超能力などの能力は、いつのまにか勝手に身についている。今のライトノベルの多くが、そういう設定で書かれていますよ。

    ――恋人や能力を努力して勝ち取るのではなく、何もしなくても、いつの間にか恋人と能力を手に入れているという設定でないと売れないということですか。その努力の過程こそが、今までは物語の根幹だったはずなのに。

    そうです。今は努力できる立派な人物が主人公だと、読む側が気後れして感情移入できないんですよ。主人公は読者と同じ等身大の人間。そして、主人公に都合のいい物語を求める傾向が進んできた。文学の世界でもそうなってきていると思います。

    http://www.yomiuri.co.jp/yolon/ichiran/20160923-OYT8T50010.html

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 07:28:09.73 ID:NpXpevtl0FOX
    なお最新話では五和が最有力の模様
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 20:37:18.07 ID:gaxOOzPK0
    不思議

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 21:49:16.52 ID:0QGAK6aYa
    鋼鉄に染まった身体でこちらに向かう誠也。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた液体が彼の全身に降りかかる。

     「なんだ……コレ?」

     「皆、一斉に矢を放て」

     僕の言葉に再び矢を放つゴブリン兵。だけど今度はその矢に火が付いていて、誠也の身体が炎に包まれる。

     「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

     炎の熱によって彼の鉄がドロドロに溶けていく、鉄が溶ければそこは元の身体に戻っていて。
     誠也は地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

     「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

     ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

     「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 09:19:17.84 ID:c2X3d5+M0
    何故なのか

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング