カテゴリ:●アニメ/マンガ/ラノベ ジャンル別 > SF/ロボ


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 21:09:09.23 ID:nAIcmlfvd
    ぐう名作

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/03(水) 21:40:06.16 ID:8J+DdYta0
    ひどすぎやわ
    あまりにも危険極まりないやろ

    続きを読む


    1: アンクルホールド(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/05/10(水) 15:28:11.80 ID:o3tIJdYr0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
    https://www.famitsu.com/news/201705/10132748.html
    『銀河英雄伝説』新アニメプロジェクトがついに本格始動! 新たな歴史の第一歩を刻むオープニングビジュアルが公開

    田中芳樹氏のSF小説『銀河英雄伝説』の第1巻黎明篇から新たに描くアニメプロジェクトがついに本格始動。初のビジュアルとなるオープニングビジュアルが公開されたほか、

    これまでヴェールに包まれてきた新アニメプロジェクトの全貌が明らかになるイベント“星々の邂逅”が2017年9月20日に新宿文化センターにて開催されることが発表された。

    ●イベントでは初のアニメーション映像も公開!

     田中芳樹氏のSF小説『銀河英雄伝説』の第1巻黎明篇から新たに描くアニメプロジェクトがついに本格始動。
    初のビジュアルとなるオープニングビジュアルが公開されたほか、これまでヴェールに包まれてきた新アニメプロジェクトの全貌が明らかになるイベント“星々の邂逅”が2017年9月20日に新宿文化センターにて開催されることが発表された。
    f170510_gineiden_2

    続きを読む


    1: ビッグブーツ(茸)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/05/05(金) 10:41:04.91 ID:smDZ54Kn0 BE:582792952-PLT(12000) ポイント特典
     コミック、ゲーム、アニメといった様々なメディアミックス展開により、早くも今年いちばんの盛り上がりをみせている人気作『けものフレンズ』。
    いまだその熱も冷めやらぬ中、今夏には舞台化も決定。ネット上では、新たな展開に様々な声も寄せられている。

     本作は、『ケロロ軍曹』などの吉崎観音がコンセプトデザインを手がけた作品。
    世界のどこかに作られた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」では、神秘の物質「サンドスター」の力で、動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へ変身。やがて、大冒険が繰り広げられる。

     先日は劇中ユニットの音楽番組出演も話題を集めたが、さらなる展開にネット上では驚きの声が多数。
    ツイッターでは「噂の獣友だち舞台化ですか」「けものふれんず舞台化は意味わからん」「舞台化すんの…? マジで…?」と感想がつぶやかれているほか、「すごーい! ホンモノの獣でやるのか?」と予想外の意見も飛び出した。

     尚、舞台版ではメインキャラのサーバル(尾崎由香)、フェネック(本宮佳奈)、アライグマ(小野早稀)によるユニット「どうぶつビスケッツ」や、
    ペンギンアイドルユニット「PPP(ペパプ)」などのおなじみのアニメ版キャストが集結するほか、オカピ役として、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』で主人公・月野うさぎを演じた野本ほたるも出演。

     舞台『けものふれんず』は、6月14日から18日まで品川プリンスホテル クラブexで上演。

    http://www.excite.co.jp/News/cinema/20170425/Crankin_4951904.html
    no title

    続きを読む


    1: ほしな ★ 2017/05/03(水) 06:09:03.43 ID:CAP_USER
     『聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX』の『BOX I』が7月28日に、『BOX II』が9月27日に発売されます。これを記念して、富野由悠季監督からのコメントが到着した他、若本規夫さんナレーションのPV第1弾や特典の詳細が公開されました。
    no title

    no title


    【富野由悠季監督コメント】
    『ダンバイン』も頑張ってたんだねえ

     『ダンバイン』が10年とか20年経たないと認識されないっていうのも、当たり前だと思っている。

     それこそ今でも好きになってくれる人がいるとか、子ども心に観た記憶が今になってはっきりと、ああいう存在っていうものもアニメだったらあるよねとか、ファンタジーだったらあるよねっていう風に理解してもらって、支持されるものになってきたんだろうなっていう意味では、改めて『ダンバイン』も頑張ってたんだねえって思うようになった。

     ガンダムに負けてるっていうのは何なんだろう。

    若本規夫さんによるナレーション付きPV第1弾が公開
     PV第1弾は若本規夫さんナレーションによる商品紹介動画となっており、2Kスキャン&HDリマスターによるこだわりの高画質を、わかりやすく感じることができる画質比較映像にもなっています。

    動画:聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX PV第1弾
    https://youtu.be/Km1kVJ-zf3k



    『BOX I&II』特典の内容
     『BOX I』には、映像特典として湖川友謙さんのイラスト制作の様子を撮影した“湖川友謙イラスト制作記録映像”が収録されています。撮影時に描かれたイラストは、封入特典“バイストン・ウェル記録全集(100P)”の表紙に使用されています。

     『BOX II』にも封入されている記録全集は、総勢20名以上のオリジナルスタッフによる新規録り下ろしインタビューや、富野由悠季監督によるバイストン・ウェルの世界解説“膨張するバイストン・ウェル”の再録版など、豪華仕様となっています。

    BVC限定のイラスト複製原画セットも
     バンダイビジュアルクラブ(BVC)限定で、湖川友謙さんのイラストを使用した額装複製原画と『BOX I』のセット、出渕裕さんのイラストを使用した額装複製原と『BOX II』のセットが、それぞれ販売されます。
    http://dengekionline.com/elem/000/001/514/1514446/danbain_04_cs1w1_500x410.jpg
    http://dengekionline.com/elem/000/001/514/1514447/danbain_05_cs1w1_500x410.jpg

    http://dengekionline.com/elem/000/001/514/1514450/

    続きを読む


    1: ウエスタンラリアット(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/03/20(月) 13:15:20.89 ID:tMsW/KT+0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
     「ドラえもん」の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」が2017年3月4日(土)に公開されたのだが、「オーロラや星空の映像が美しい、音楽も迫力があって素晴らしかった!」と大絶賛されている。

     同作品は「ドラえもん」映画の37作目となる作品。どこでもドアを使って巨大な氷山へ遊びに行ったのび太たちが、氷の中から腕輪を発見し、落とし主に届けようと10万年前の地球にタイムスリップするという物語。
    見た人からは「映像綺麗だし観た後に爽やかな気持ちになれる」「前半の映像美と迫力と、深まる謎に対するドキドキはすごい!」「地球が全て凍る危機が迫った緊張感も楽しかった」といった声が上がり、映像の美しさがかなり好評だ。

     評判は映像だけでなく「最初は映像を見せて、後半からどんどんお話が面白くなってく!」「大人もワクワクできる正統派サイエンス冒険譚だった」
    「何がやばいって音がやばい。音楽がやばい。これがドラえもんの本気か…!」とストーリーや音楽に対しても感動の声が続出した。

     子どもだけでなく大人も楽しめることでおなじみの「ドラえもん」映画だが、今回は特に大人の心を掴んでいる様子。映画館では子連れだけでなく大人の姿も多くみられるようなので、劇場で「ドラえもん」と大冒険の旅に出かけてみては?

    http://ddnavi.com/news/360222/a/

    続きを読む


    1: キドクラッチ(神奈川県)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/08(土) 10:18:53.79 ID:+oubUkkL0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00000060-sasahi-ent&p=1

    「けものフレンズ」がネットで20~40代に受け入れられた理由〈AERA〉

    3月末に最終回を迎えた深夜アニメ「けものフレンズ」で多用された“やさしい”言葉がツイッターにあふれている。背後に何があるのか。

    「わーい!」「すごーい!」「たーのしー!」「あなたは○○なフレンズなんだね!」

     2月、普段は殺伐としたツイッターのタイムラインが、こんな“やさしい”ツイートであふれかえった──。

    ●人間の世界は失われた

     女の子の姿をした動物「アニマルガール」と迷子の子が、巨大な動物園を旅する物語だ。ツイッターなどネットを中心に徐々に盛り上がり、ニコニコ動画での初回の再生回数は450万回を超えるヒットとなった。
    「若者に問題の全てを押しつけて、上の世代が逃げ切ろうとしているのが今の日本。若い人は未来がないし、日々泥のように働いている。

    そんな中で重いテーマや問題提起を投げかけられるハードなコンテンツにはうんざりしている。彼らは最悪な現実をわかっているからこそ、まったりとした日常を描くアニメに癒やされる」

    だが、やさしさが溢れるファンタジーだけではリアリティーがない。そこで、

    「エンディングで廃虚の映像が流れますが、ここから、実は人間の世界はすでに失われたという深読みができる。『けものフレンズ』は、実はディストピアものの作品でもあるんです」

    続きを読む


    1: かかと落とし(神奈川県)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/04(火) 21:19:39.60 ID:0woLDgaM0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
    http://www.cinematoday.jp/page/N0090566

    ハリウッド実写版『AKIRA』に新たな監督候補?

    漫画家・大友克洋の人気作品「AKIRA」の米ワーナー・ブラザースによる実写化について、
    今年アメリカで大方の予想をこえる大ヒットを記録したホラー映画『ゲット・アウト(原題)/ Get Out』のメガホンを取ったジョーダン・ピールが監督交渉に入ったと The Tracking Board が伝えている。


     同作は、2002年からワーナーのもと企画が進められ、これまで監督候補には映画『インターステラー』のクリストファー・ノーラン、映画『ザ・ウォーカー』の兄弟監督ザ・ヒューズ・ブラザーズ、映画『フライト・ゲーム』のジャウマ・コレット=セラなどが挙げられてきた。

    一時期、セラ監督のもと、ギャレッド・ヘドランド、クリステン・スチュワート共演で製作される予定だったが、かなりの製作費を捻出しなければいけないことや、
    SF要素に加えバイオレンスが含まれることから、R指定以外での公開が見込めないことなどを理由に、製作が頓挫位したと報じられた。


     その後、再び企画が浮上し、映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督、さらに先日には、『デンジャラス・ラン』のダニエル・エスピノーサ監督、『カン・フューリー』のデヴィッド・サンドバーグ監督等が候補に挙がっているといううわさが流れた。


     ところが同サイトでは、先日、米ラスベガスで開催されたシネマコンに参加した情報筋の話として、低予算ホラー映画『ゲット・アウト(原題)』で記録的な興行収入を稼いだピールが監督交渉に入ったと伝えている。


     今作は、レオナルド・ディカプリオの制作会社アピアン・ウェイと映画『アメリカン・スナイパー』のプロデューサーであるアンドリュー・ラザーが製作する予定。
    最新の脚本はテレビシリーズ「Marvel デアデビル」のマルコ・ラミレスが担当していたが、もしジョーダン監督に決まれば、彼が執筆する可能性は高いようだ。

    ハリウッド版について講談社では詳細については触れず「映画『AKIRA』は製作進行中である」としている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

    https://img.cinematoday.jp/a/N0090566/_size_560x/_v_1491305040/main.jpg


    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 21:44:29.53 ID:nrLB7zkrr
    面白過ぎて草ァ!

    続きを読む


    1: リキラリアット(catv?)@\(^o^)/ [TH] 2017/04/07(金) 16:45:35.88 ID:ejOSYRmX0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    士郎正宗の人気SF漫画「攻殻機動隊」を原作とした新作アニメーションが制作されることが7日、明らかになった。

     同作は、人間の脳をネットに接続する電脳化やサイボーグ技術が飛躍的に発展した近未来を舞台に、
    サイバー犯罪やテロなどを事前に察知して被害を最小に防ぐ警察組織・公安9課(通称:攻殻機動隊)の活動を描いた作品。
    スカーレット・ヨハンソンを主演にハリウッドで実写化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』が7日より日本公開されることも話題になっている。

     今回の新作は、押井守監督の『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『イノセンス』、
    神山健治監督の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ、
    黄瀬和哉監督の『攻殻機動隊ARISE』シリーズ、『攻殻機動隊 新劇場版』に続く、アニメーション「攻殻機動隊」の最新作となる。

     監督を務めるのは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの神山監督と『APPLESEED アップルシード』『キャプテンハーロック』の荒牧伸志監督。
    制作は Production I.G。タイトルや展開時期等、詳細は未定で、決定次第発表されるとのこと。

    「攻殻機動隊」新作アニメが制作決定 神山健治&荒牧伸志のW監督
    http://www.cinematoday.jp/page/N0090830
    https://img.cinematoday.jp/a/N0090830/_size_240x/_v_1491534300/main.jpg
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 06:34:11.15 ID:4YFWqWDr0
    おもろいわ
    これ原作って小説?
    51SkUGkZ31L

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 19:49:15.69 ID:xDwlWtSQx.net
    ケスラー

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング