カテゴリ:●アニメ > アニメ:ネタ、雑談等


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/12/31(日) 21:47:26.96 ID:CAP_USER
    2017年12月31日 アニメ コラム
    急減速がなければ、もしかしたら紅白出場もワンチャンあったのでは?
    no title



     2017年はアニメファンにとってどんな年だっただろうか。ヒット作の続編が目立った一方で、近年のように社会現象化した作品は見当たらなかったようにも見受けられる。“オタレント”の小新井涼さんが、ファンの目線から2017年を振り返る。

     ◇

     間もなく終わりを迎える2017年ですが、アニメで振り返ってみると一体どんな年だったでしょうか。「国産アニメ誕生100周年」や「アニメ市場規模2兆円突破」、
    また忘れてはならない「けものフレンズ(けもフレ)」ブームもありました。ですが私の考えでは、この一年は「ヒット不在の年」だったと思います。
    明るい話題の一方で、なぜこんな消極的な総括になってしまうのでしょうか。今年一年を振り返りつつ、探ってみたいと思います。

     今年一番話題を集めたのは「けもフレ」でまず間違いありません。しかしそれは同時に、それ以外に目立った社会的なムーブメントがなかったことも意味しているのではないでしょうか。

     昨年は「君の名は。」や「この世界の片隅に」をはじめ、散々話題になった劇場作品も、今年は、ファンを中心とした手堅いヒット作はあったものの、爆発的な盛り上がりを見せた作品はなかったのでは。

     また、「おそ松さん」や「ユーリ!!! on ICE」など、予想外のヒット作が続いた女性向け作品にも、盛り上がりが女性ファン以外にまで伝わるほどのヒット作はなかったように思います。

     ところがこれは、人気の作品がなかったいわゆる「不作」という意味ではなく、むしろ「それなりに豊作」だったからこそ、起きた結果だと思います。
    つまり、「それなりに人気」の作品が、毎クール複数同時に存在していたために、アニメファンの人気が分散し、
    「けもフレ」のような人気集中型の「覇権作品」がなかなか生まれなかったと考えられるのです。特に好みの切り替わりが激しい女性向け作品はそれが顕著で、今期ですら
    「おそ松さん」が強いながらも、「血界戦線」や「鬼灯の冷徹」といった人気作の続編とも重なったこともあってか、一人勝ちの覇権作品とはなれていなかったようです。

     それではやはり、2017年はそんな中で唯一の「覇権作品」となった「けもフレの年」じゃないかというと、それもそうとは言い切れないと思います。
    確かに「けもフレ」が今年唯一の「覇権作品」だったのは間違いありませんし、放送終了後も着実に盛り上がりは増していました。
    それでも、9月の監督降板発表以降は当初の勢いがなくなり、結局年末まではもたなかった感がどうしても否めないからです。

     もちろん誰がいい悪いという話ではありません。しかし、このゴタゴタで「けもフレ」の優しい世界が好きだったファンが、見たくなかった部分を見せられてショックを受けたのは間違いないでしょう。
    そこからの急減速がなければ、「もしかしたら紅白出場もワンチャンあったのでは?」とも思ってしまえる以上、
    そして右肩上がりで今年を締めくくれなかった以上、単純に「けもフレの年」だったねとは言い切れないと、私としては思います。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mantan-web.jp/article/20171229dog00m200056000c.html

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/12/29(金) 19:03:51.37 ID:NGiO9OdPaNIKU
    動画サイト「niconico」にて先日実施されたアンケート
    「ネットユーザーが本気で選ぶ!2017年アニメ大賞」の結果が発表されました。
    これは2017年1月から12月のあいだに地上波で放送されていたアニメの中から
    好きな作品に投票するというもの。そんな中、堂々の1位を飾ったのは
    やっぱり「けものフレンズ」でした。サーバルちゃん、おめでとう!

    「けものフレンズ」は、記憶喪失の主人公・かばんちゃんが自分が何者なのか
    確かめるために巨大動物園“ジャパリパーク”を探索するというストーリー。
    今回のアンケートでは、得票率12.82%と2位を大きく引き離す形でトップに輝きました。
    ちなみに、2位は5.93%の「宝石の国」。
    3位は「この素晴らしい世界に祝福を!2」で2.96%となっています。

    続いて「2017年人気No.1アニメキャラクター」はおなじく「けものフレンズ」から
    相棒・サーバルちゃんが1位に。続いて2位もかばんちゃんかと思ったら、なんと
    「機動戦士ガンダム 鉄血のオルウェンズ」からオルガ・イツカが2位にランクインしています。
    無欲なバカにはなれなかったよ……! そんなわけで、かばんちゃんは3位に。

    このアンケートでは同時に2017年のアニメ流行語大賞も実施。
    29.92%とかなりの票数を獲得し、堂々の1位に選ばれたのはなんと
    オルガ・イツカの名言「止まるんじゃねえぞ……!」でした。
    続いて2位と3位はいずれもサーバルちゃんの名言がランクイン。
    「君は○○のフレンズなんだね!」が2位、「すっごーい!」が
    3位として11.02%と9.20%の票をそれぞれ獲得。
    根強い人気を見せつけてる形になりました。

    また、同ページでは男女別でのアンケート結果も発表。
    男性側のアニメ大賞は順位がそのままでしたが、
    女性ユーザーのアンケート結果は「宝石の国」が1位に。
    続いて「活撃刀剣乱舞」が2位、「けものフレンズ」は3位になるなど
    大きく入れ替わった結果になっています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000021-it_nlab-sci

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/12/17(日) 16:40:50.19 ID:DNPO3ojI0
    10年続くはずだったのになあ

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/12/07(木) 21:02:53.38 ID:POn2Kwqqa
    他の幹部キャラは自己主張が激しいのにそいつだけ無言、または無表情

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/16(土) 22:02:06.90 ID:05rgZ2Bz0● BE:284093282-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ■アニメの寒い描写がきつい
    女子のツッコミの過剰な暴力、寒いギャグやノリ、不自然なエロハプニング、シリアス展開中の不自然なギャグなどは、見ているこっちが恥ずかしくなる。

    ラノベアニメはこういうのが基本あるから見てないけど、今期の「魔法使いの嫁」は背の高い骸骨男のデザインが気に入ったという安直な理由で見だした。
    でも、1話も少しきつかったが2話の工場の女の暴力ツッコミで限界が来てその時点で見るのをやめた。キャラデザは気に入っても内容は面白いと思わなかったし。
    ラノベアニメは寒い描写を入れろという暗黙の制約でもあるのかと思うほどテンプレ展開が多い。

    最近一番きつかったのが、けものフレンズ最終回のライオンの緩急のあるセリフ。
    ライオンのセリフまでは熱い展開に感動していたのに、あの一瞬でそんな気分は消えてしまった。ライオンの二面性のキャラは分かっている。でも戦闘態勢時にあの過剰な演出は無理にカッコ良く見せようとする不自然さを感じた。
    あのシーンは普通にはじめからドスの効いた声でよかったと思う。

    続きはソースで
    https://anond.hatelabo.jp/20171215211839

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 04:41:54.84 ID:D4mC9e0r0
    ねじまきカギュー

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/12/05(火) 05:49:51.50 ID:5803kYU+d
    お前ら「つまんね。円盤もいらんわ」

    制作会社「・・・」

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2017/12/07(木) 08:18:05.81 ID:049sSEVn0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    先日、アニメ『それいけ! アンパンマン』のドキンちゃん役で知られる声優の鶴ひろみさんが亡くなった。鶴さんは、
    『ドラゴンボール』のブルマ、『らんま1/2』の久遠寺右京、『ツヨシしっかりしなさい』の井川恵子役なども務めていた。
    声優仲間からは鶴さんを悼む声が続々と出されている。

    ◆声優が変わって残念だったアニメキャラは?
    ◆ドラえもん

    「ドラえもんの声といえば、大山のぶ代さんのイメージが強い」
    1979年から26年もの間、ドラえもんの声優を務めていたのは大山のぶ代。

    転機は2005年、制作陣や声優が一新され、大幅リニューアルを遂げた。

    「スネ夫の独特な嫌みっぽい感じが薄くなった?」

    「キャラの性格まで含めて全体のイメージが変わりすぎて驚いた」

    ◆磯野波平・フネ(サザエさん)

    「永井一郎さん時代の怒ったときの『ばかものー!』が迫力あって好きだった」

    昭和の時代から長く続いている作品の場合、声優陣も高齢化が進む。その後、カツオや 中島なども声優が交代。2015年には、
    波平の妻である磯野フネ役の声優を46年間も務めた麻生美代子さん(当時89歳)が卒業し、寺内よりえさん(当時62歳)にバトンタッチした。

    ◆毛利小五郎(名探偵コナン)
    日本テレビ系列でアニメが放送されている。毛利小五郎役を務めていたのは神谷明さんだ。
    追って『週刊少年サンデー』誌上で、後任として小山力也さんが受け継ぐことが掲載された。

    ・ロイマスタング(鋼の練金術師)
    「もちろん三木マスタング(三木眞一郎)も若々しくて素敵ですが、大川マスタング(大川透)の老獪なエロスを味わってしまった身としては……」

    ・フォウムラサメ(機動戦士Zガンダム)
    「僕の大好きな女性、フォウムラサメ。劇場版で声優が変わってしまった。好きな女性の声がいきなり違ったらビビるでしょう?」

    ・ガッシュベル(金色のガッシュベル!!)
    「最終回の間際での交代で正直、耳を疑った」

    ・ルパン三世(ルパン三世)
    「どうしてもモノマネをしているように聞こえてしまう」

    https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171206/Spa_20171206_01435774.html

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/12/03(日) 14:36:13.28 ID:/5AIwJSM0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
    大人から子どもまで楽しめるファンタスティックな作品が多数存在するディズニー映画。どれも心あたたまる名作ばかり。
    そんなディズニー作品の中でも、多くの人が特に「素晴らしい」と思うのは一体どの作品なのでしょうか。
    そこで今回は、名作だと思うディズニー映画について探ってみました。

    1位 美女と野獣
    2位 アナと雪の女王
    3位 アラジン
    4位 ライオン・キング
    5位 ふしぎの国のアリス
    6位 シンデレラ
    7位 ピーター・パン
    8位 くまのプーさん
    9位 リトル・マーメイド
    10位 塔の上のラプンツェル


    名作だと思う「ディズニー映画」ランキング
    http://news.livedoor.com/article/detail/13976003/

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/07(木) 07:59:02.30 ID:NrBKUdwA0● BE:284093282-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    西村大樹
    @taiki_nishimura
    相模原の実家に来るたびに、町田のアニメイトに市場調査に来る。
    いつもほろ酔いで、ホルモンの匂いをプンプンさせているオレに、客の女の子が汚物を見るような視線を投げてくる。
    お前らな、いま手に持っているグッズのアニメを演出してんのが、その視線の先にいるヤツだからな。



    近年の作品


    ■大図書館の羊飼い
    演出
    10

    ■電波教師
    演出
    15 18

    ■ベイブレードバースト
    演出
    10 17

    ■ステラのまほう
    演出
    3 8

    ■ブレイブウィッチーズ
    演出
    6

    ■つぐもも
    演出
    9

    ■ナイツ&マジック
    演出
    9
    https://www7.atwiki.jp/anime_wiki/sp/pages/1211.html

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/10(日) 10:53:03.11 ID:DQ9fz+n/0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    no title


    【1】48年間スポンサーだった東芝が降板
    '69年10月の放送開始から半世紀近くCMを提供してきた東芝。経営再建をめざす東芝は『サザエさん』の番組スポンサー降板を決断。
    新しいスポンサーがつくのか……?

    【2】専業主婦で三世代同居……広がる“時代とのズレ”
    専業主婦で育児に専念しているサザエさんを、待機児童を抱える働きたいママたちはどう見ているか? いまだに黒電話を使い続けている
    磯野家を、スマホを使いこなす若者たちは?

    【3】取り戻せない視聴率
    '79年9月には視聴率39.4%を記録! '14年2月まで平均視聴率が21%を超えていたが、'16年にはひと桁台が増加するなど急降下。

    【4】フジテレビが進める“聖域なき改革”
    『めちゃ×2イケてる!』を来春で打ち切るなど、大胆に刷新中なのが『サザエさん』を放映するフジテレビ。“聖域なき改革”の目玉として、
    国民的アニメがターゲットになる可能性も!?

    【5】スタッフ、キャストの高齢化問題
    サザエさんの声を担当しているのは78歳の加藤みどりさん。さらに、放送開始からシナリオを担当している重鎮脚本家・雪室俊一氏が76歳と、
    スタッフ&キャストに高齢化の波が。

    https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171210/Jisin_31781.html

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/11/24(金) 15:06:11.88 ID:FpuJNyrm0
    誰も知らないレベルの作品さえ手当たり次第アニメ化される模様

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2017/11/28(火) 18:56:28.86 ID:UYMwVy7F0
    まどか☆マギカ
    Fate/Zero
    シュタインズ・ゲート
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
    ゆるゆり
    逆境無頼カイジ 破戒録篇
    THE・アイドルマスター
    日常
    花咲くいろは
    GOSICK
    ちはやふる
    WORKING!!
    タイガーアンドバニー

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [AR] 2017/12/05(火) 15:18:52.80 ID:cMUH9YyQ0● BE:509160329-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    実はロリキャラ好きのブラコン? 足立梨花「アニメの魅力」語る
    https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_AnanNews_144428/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング