カテゴリ: ●ゲーム


    1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/07/15(土) 00:48:06.92 ID:CAP_USER
    2017/7/12(水)18:25

    BIGLOBEニュース
    夫のファミコンを捨てたところ、逆ギレされ離婚まで口にされているが、どうすれば反省してもえらえるかという妻の相談が、女性向け掲示板サイト「発言小町」に投稿され物議を醸している。

    結婚15年目で子供が2人いるという妻は、「ファミコンを捨てたら、離婚すると逆ギレした夫」という相談を投稿。妻によると、リビングにある「黒くて大きいファミコン」は、インテリアに似つかわしくないため早く処分するようお願いしていたが、夫はゲームを止めなかった。この趣味を恥ずかしいと思い、ママ友が遊びに来た際にファミコン隠したところ、帰宅した夫は大声を上げながら家中を探し回ったという。

    その様子を見て妻は、「恥ずかしいことをしている自覚がない夫に腹が立ち、ファミコンを処分することにしました」と決意。しかし、本体と「文学全集の本のように棚においてあった大きなカセット」を買い取り業者に持ち込むも、扱えないと断られてしまう。そして、「買い取りすらしてもらえないものを大事にしていた夫に改めて腹が立った」という妻は、ファミコンとカセットを粗大ゴミ置き場に捨てたという。

    ファミコンがなくなり、妻好みの「おしゃれなアイテム」が設置されたリビングに夫は唖然。処分したことを説明し、ゲームを卒業するよう諭したが、夫は「反省するどころか逆ギレ」し、離婚まで言い出しているという。妻は、「どうすれば反省してもらえるでしょうか」と相談している。

    この相談には、夫に反省してもらうためのアドバイスはほぼなく、無断で捨てた妻への非難が殺到。「勝手に処分ってありえません」「あなたの自己満足のインテリアのため、大切なものを捨てられてしまったのですよね。逆だったらと考えないのでしょうか?」「人が大切にしている思い出もわからない・・・こんなハズレ妻捨てた方がいい」「離婚されても仕方ないです」といった意見が相次いでいる。

    このほか、「黒くて大きなファミコン」「大きなカセット」「扱えないと断られて」ということから、妻が捨てたのはファミコンではなく、ツインファミコンかNEOGEO(ネオジオ)ではないかというコメントも寄せられている。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0712/blnews_170712_9947868480.html
    trash-flag-icons-71997

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 09:22:50.12 ID:McFdtN070
    攻撃25
    防御25
    速度25
    魔法25

    彡(^)(^)��

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 10:11:50.40 ID:Vk4wCaNg0
    ・グラフィックは3D
    ・戦闘参加可能人数を4人ないしは5人に底上げ
    ・それに伴い4~5人での合体技追加

    どうや?

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 13:29:58.09 ID:9BoGI80D0
    何故劣化してしまったのか?

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 17:45:10.58 ID:xQoz4V1F0
    no title


    片方がゲームでもう片方が実写です どっちがゲームでしょうか?

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/07/06(木) 08:02:05.52 ID:cRHE6mXv0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    ソニーの「初代PlayStation」より早く登場した「セガサターン」は、「メガドライブ」から約6年越しのセガの新ハードとしてファンの期待を集めましたが、
    「NINTENDO64」を含む「次世代機戦争」で惨敗を喫することになり、その後発売した「ドリームキャスト」にまでその影を落とすこととなりました。
    どのようにしてセガは舵取りを誤ってしまったのか、Sega of AmericaでCEOを務めていたトム・カリンスキ氏が、その当時を語っています。

    セガはメガドライブ(GENESIS)で採用していたカートリッジ方式から、セガサターンでCD-ROM方式へと変更しました。
    メガドライブの頃からグラフィックとサウンドに定評があったのですが、CD-ROMの採用によってセガサターンはポリゴンレンダリング・音質・3Dグラフィックの性能向上を可能にし、
    当時のアーケードゲーム機の性能に近い据え置き機を実現しました。
    1994年に登場したセガサターンは日本のゲーマーに認められ、発売直後に初回出荷分の20万台が完売となる人気っぷりを見せました。

    日本ではバーチャファイターの人気が認められ、成功の兆しを見せていたセガサターンですが、
    当時のSega of AmericaのCEOだったトム・カリンスキ氏は、「北米では成功しない」ということがわかっていたそうです。
    日本の経営陣は北米でのセガサターンの発売時期をPlayStationと同じ1995年9月に予定していたのですが、
    セガと任天堂の市場競争で大きな功績を残していたカリンスキ氏は、「翌年の1996年に持ち越すべき」と考えていたそうです。







    「セガサターン」はなぜ失敗したのか?当時のCEOが語る
    http://gigazine.net/news/20170705-sega-saturn-failure/


    2: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/07/06(木) 08:02:31.45 ID:cRHE6mXv0
    しかし、市場争いをいち早く勝ち取りたいセガ経営陣の思惑から、1995年5月のE3でカリンスキ氏は、
    セガサターンの発表と同時に「北米で近日発売」という告知を行う役割を請け負ったとのこと。
    カリンスキ氏は発売日の前倒しに激しく反対したそうですが、この反対意見が聞き入れられることはなく、
    セガサターンはPlayStationやNINTENDO64に先駆けて、1995年5月に北米で発売となったわけです。
    発売日で一歩抜かれたソニーですが、当時のSony Interactive Entertainmentのオラフ・オラフソンCEOは、E3のカンファレンスで、
    PlayStation価格を299ドルと発表することで応戦。これはセガサターンより100ドルも安い価格であり、カンファレンスの観客は盛大な歓声を上げました。

    突然の発売日の前倒しはセガのファンを混乱させることになりましたが、これはセガの失敗の序章に過ぎなかったとのこと。
    北米で急きょ発売が始まったセガサターンですが、限定されたごく一部の小売店でしか購入することができず、在庫のある店舗を見つけるのは非常に困難だったそうです。
    また、ソフトウェアラインナップも十分ではなく、セガのマスコットである「ソニック」のシリーズ新作はローンチタイトルに含まれませんでした。
    セガサターンはセガの歴代ゲーム機の中で唯一、「メインタイトルのないハード機」として登場してしまったわけです。

    この時点で多くのファンがセガに見切りをつけてしまうきっかけとなりました。
    カリンスキ氏は「成功するためには十分な分量のハードウェアとソフトウェアを用意しなければならないことは、誰でも知っていることです」
    「もしセガサターンと同時にソニックが登場できていれば、世界が変わって見えるほどの大きな支えになったことでしょう」と話しています。
    「デイトナUSA」「バーチャファイター」「パンツァードラグーン」など、セガサターンからいくつかのヒット作が登場しましたが、
    PlayStationの大ヒットの波に顧客の関心はさらわれてしまいました。


    5: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/07/06(木) 08:03:01.55 ID:cRHE6mXv0
    1996年にカリンスキ氏もセガに見切りをつけ、Atari・ソニーの元幹部だったバーニー・ストーラー氏とともにセガを退社しています。
    最終的な次世代機戦争の結果は、PlayStationが全世界販売台数約1億台に到達し、NINTENDO64が約3300万台だったのに対して、
    セガサターンの全世界販売台数は約900万台にとどまりました。
    1999年にセガは最後の頼みとなる「ドリームキャスト」を発売しましたが、世界販売台数はセガサターンと同程度という結果に終わりました。
    これを機にセガはハードウェアの生産を完全に中止し、サードパーティ向けのゲーム開発会社に転向したわけです。

    そんな据え置き型ゲーム機の開発で任天堂やソニーといったライバルに遅れをとったセガですが、
    なんとブラジルではいまだにゲーム機市場で無類の強さを見せており、いまだに多くの人々から愛されているようです。

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [JP] 2017/07/11(火) 10:49:37.92 ID:EOwLF8JI0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    Mega Maker - Create your own Mega Man levels! - Official trailer
    https://www.youtube.com/watch?v=BpCarkGGoxI


    https://search.yahoo.co.jp/search?p=Mega+Maker

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/07/09(日) 11:22:02.91 ID:wF5zUfEM0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    さりげない「艦これ」アピールが嬉しい、老舗ブランドの職人が手作りした本格派バッグが登場

    no title


    タカラトミーアーツは自社通販サイト「e組(いーぐみ)」にて、「艦隊これくしょん -艦これ- 」のデザインが施された
    本格帆布鞄『艦隊これくしょん -艦これ- 艦隊勤務用提督帆布小物鞄』の注文受付を、本日14時より開始しました。

    https://www.inside-games.jp/article/2017/07/07/108395.html

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日)19:35:35 ID:cEX
    それとも子供の頃から3Dゲームが当たり前なほうが良い?
    もしくは、フルダイブ型ゲームが実現した未来の子供に生まれたかった?


    40歳前後→ファミコン世代
    35歳前後→ファミコンから始まってSFC、PS世代
    20代後半→PS~、ポケモン世代
    20代前半→3Dゲーム当たり前世代
    10代→ソシャゲ世代

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 14:33:42.43 ID:E003s9iAa
    快適すぎワロタwwwwwwwwwww

    パッケージパカッw
    ディスクウィーンw

    とか今思えばくっそ無駄な時間だったわ

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 11:04:05.68 ID:DU6AKvEz0
    正直MODの何が面白いのか分からないんだよなぁ

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:59:09.28 ID:36seCTLh0
    なぜなのか

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/07/11(火) 13:13:22.73 ID:8ACm/fIj0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    6月27日にシャープの公式アカウント(@SHARP_ProductS)が『スーパーファミコンミニ』に収録されているゲームタイトルに
    値段を付けてそれを一覧にしてツイート。

    中には「スーパーフォーメーションサッカー 0円」「聖剣伝説2 0円」「ロックマンX 0円」と批判ととれるものもあり、
    これが大炎上となった。ツイートの1時間後には該当ツイートを削除し「誤解を生むツイートでありました」と謝罪。

    普段は面白いツイートを行うことで話題のこのアカウントが永久停止されることになった。同じシャープの
    公式アカウント(@SHARP_JP)が7月11日に次の様にツイート。

    「別アカウントの発言とはいえ、おなじ弊社内の公式アカウントが行なった問題です。決して無関係と言えるものではありません。
    そのため @SHARP_ProductS になり代わり、こちらのアカウントからお伝えしますこと、お許しください」

    「問題のツイートを行なったシャープ製品 @SHARP_ProductS アカウントは一切の運営を停止いたします」

    このように@SHARP_ProductSのアカウントは永久停止するとのこと。社内でも相当問題になったようで、今回の措置が取られたようだ。

    http://gogotsu.com/archives/31176
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング