カテゴリ: ●漫画


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/06(日) 21:31:44.14 ID:xvQ/lGMF0
    どうする?

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/08/05(土) 22:51:12.03 ID:j0jaZ+1f0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    『HUNTER×HUNTER』に仕掛けられた隠しネタに「こんなに仕込まれてたのか…」とファンも驚き

     2017年7月24日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』34号で、『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博の巻末コメントに「そんな大量に仕込まれてたのか…」と注目が集まっている。

    https://ddnavi.com/news/389931/a/

    続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ [DO] 2017/08/06(日) 08:39:10.86 ID:/nZn2UsE0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    現在公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から、虹村形兆とその弟である虹村億泰の登場シーンが公開された。
    撮影を通してオフの時間も兄弟のようにして距離を縮めていたという岡田将生と新田真剣佑が作り上げた「虹村兄弟」の絆や、兄を慕う弟の関係性が垣間見えるシーンとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000004-flix-movi

    続きを読む


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/29(土) 08:32:56.719 ID:rQJxdMRgM
    幻影旅団とか一人で殺しまくってるのに特別な力を目の当たりにしてなんで知らないんだよ
    軍や国が調べないとでもいうのか
    そもそも念教室開いて金儲けする奴もいるはずだろ

    続きを読む


    1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/07/31(月) 19:12:37.61 ID:CAP_USER
    なぜ手塚治虫や石ノ森章太郎のアニメは西洋で人気がないのか。

    北米最大のアニメ紹介サイトAnime News Networkの創設者・Justin Sevakis氏は、「アメリカ人は自己投影できるキャラクターやシナリオを求めている」という視点からこの疑問に対して回答を提示しています。

    以下、こちらの記事より抄訳
    http://www.animenewsnetwork.com/answerman/2017-07-26/.119315

    若い世代のアニメファンはキャラクターに”共感”したいのだ。

    キャラが死んだり、血を流したり、泣いたり、苦悩したり。これらは成長期の子供にとっては感情移入しやすい出来事だろう。『ナルト』がキッズの琴線に触れるのはただ面白いからではなく、自分もナルトになりたい、傍観者ではなくアニメの世界に自ら介入したいという想いがあるからなのだ。

    子供はキャラクターに自己投影する。彼らのように強くなりたい、世界を知りたい、尊敬されたいと。そして大人は子供の頃にみた夢を追体験しようとする。

    これが西洋のアニメシーンを支える要素であり、『セーラームーン』から『ソードアートオンライン』まで、西洋における大ヒット作は同じ魅力を提供しているのだ。

    もちろんアニメを好きになる理由は他にも人それぞれあるだろう。しかしコスプレブームはアニメファンが火付け役となったことを考えると、自分を重ねやすいキャラクターの存在が人気を生み出す原動力になっていることが分かる。

    <海外の反応>

    今の若い子に昔のアニメとか漫画を持ち出しても「古臭い」としか思わないだろw

    25年前のアニメ見たがキャラの成長が描けてないんだよな・・・

    手塚や石ノ森の作品は「当時としては革新的」だったんだろうが、
    今は技術も物語も研ぎ澄まされて進化してるから

    メキシコとかのラテンアメリカでは人気あるけどね

    手塚ってわりとどの年代にも受けるような作品を量産してたと聞くが?なぜ米英で人気にならないんだろ

    ↑リブートされるたびにクソ化してるのが原因かと
    映画『アストロボーイ』とかアトムに愛のない人が作ったと思ったぐらい

    …………

    手塚治虫や石ノ森章太郎が描くキャラクターは絵柄が古く、ストーリー自体もまた昨今の作品に比べると健全なものに見えてしまう。西洋でヒットする「かっこいい」「こうなりたい」と思わせる部分が単純にないのだ。

    『ブラックジャック OVA』や『メトロポリス』は放送当時わりと好評だったが、日本とは違い西洋のアニメファンはこれらの作品に”懐かしさ”を感じないが故に売れにくい。

    『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』は60年代アメリカで人気を博したものの、あくまで子供向けの娯楽作品として捉えられており、視聴者の大部分が日本のものであることを知らなかった。

    手塚の名は日本人が感じるほどに認知されてないのだ。

    正直言ってしまえば、新しくリブート/リメイクされたアニメの多くが面白くない。『009 RE:CYBORG』は非常にサムい出来だった。もっと広く知られるべき日本の古典的作品は数多くあるが、アニメファンが求めるものを与えられない以上、西洋で人気が出るとは思えない。

    http://yurukuyaru.com/archives/71957267.html

    続きを読む


    1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/08/01(火) 23:19:15.76 ID:CAP_USER
    「マンガは過程を評価されるもの」長崎尚志が原作者を志す人へ心構え語る

    これは小学館によるカルチャースクール「小学館カルチャーライブ!」の企画の1つとして行われたイベント。
    ビッグコミック、少年サンデー、ビッグコミックオリジナル、ビッグコミックスペリオール、
    ビッグコミックスピリッツ(いずれも小学館)などの編集者や編集長を務め、
    その後独立して「MASTERキートン」「PLUTO」「BILLY BAT」「ディアスポリス-異邦警察-」など、
    数多くのヒット作の原作やプロデュースを務めてきた長崎が、マンガ原作者を志す人へ向けたトークを展開した。

    そのほか原作者になるために大切なこととして「読者の心が読めるかどうか」を挙げる。

    「だいたいの読者は1話目を読むと最終回を予想するんです。
    そして自分の思った通りの展開に話が進んでいくと作品をバカにする。
    ところが、自分の思った通りの展開に進まず、自分の思った通りのラストにならないとその作品を嫌いになるんです。

    一番好きなのが、予想外の展開で話が進み、最後だけ自分の思った通りになる作品」と述べ、
    「マンガは小説と違って、過程を評価されるもの。小説は書き終わった1冊の本に賞が与えられるけど、
    マンガは物語の途中で面白い作品に賞が与えられる」と“マンガの宿命”を口にした。
    http://natalie.mu/comic/news/242858

    続きを読む


    1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/07/30(日) 19:14:57.56 ID:CAP_USER
    gooランキング編集部
    数多くの人気少年漫画を輩出している週刊少年ジャンプ、人気作の多さから女子が実際に惚れちゃいそうなカッコ良い主人公も結構多いかと思います。
    カッコ良いといっても時代によって趣向や流行が違うとは思いますが、昔の作品の主人公でも未だにカッコ良いと思えるキャラクターは多いのではないでしょうか?

    そこで今回は「ジャンプ史上最も顔がカッコ良い主人公」をアンケート、ランキングにしてみました。
    なんとなく知名度票が影響しそうな気がしますが、一番顔がカッコ良いと思われている主人公は一体誰だったのでしょうか?

    1位は「坂田銀時」!

    やたら女子人気の高い天パ、『銀魂』の「坂田銀時」が堂々の1位に輝きました。
    普段は死んだ魚のような目をしており、全面的に「顔がカッコ良い」とは言い切れない坂田銀時氏。一転、シリアスシーンでは引き締まった表情になり、言動もカッコ良くなります。そんなギャップも人気の秘訣かもしれません。

    2位は「冴羽獠」!

    キメ顔はカッコ良いけど美人の前じゃすぐ緩む、『CITY HUNTER』の「冴羽獠」が2位を獲得しました。
    作者である北条先生の画力が非常に高く、(キメ顔時の) 凛々しい冴羽獠にリアリティがあり惚れてしまった女性も多いかと思います。

    3位は「夜神月」!

    最初は中二病のイケメンだったけど徐々に顔芸もこなすようになった、『DEATH NOTE』の「夜神月」が3位にランク・インしました。
    作画担当である 小畑先生のシャープでリアリティある描写で、ちょっと危なさを感じさせる好青年でしたが、終盤にかけての顔芸はキャラ崩壊と狂気を感じさせるものがありましたね。

    いかがでしたか?
    筆者は色んな意味で『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』の主人公「ジョルノ・ジョバァーナ(汐華初流乃)」がカッコ良いと思ったんですが、思った以上にコロネの悪印象が強いのか1票も入ってなくて泣きそうになりました。

    今回は「ジャンプ史上最も顔がカッコ良い主人公キャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる 4位~50位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:4,977票
    調査期間:2017年05月26日~2017年06月09日

    https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4495/

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 11:02:04.25 ID:3DbaKGdr0
    おまえ馴染みすぎやろと思うと同時に狂おしいほどすこ

    続きを読む


    1: あやねると結婚したい(*´ω`*) ★ 2017/06/07(水) 23:37:51.66 ID:CAP_USER
    漫画の制作現場もデジタル化が進んでいる。特定非営利活動法人NEWVERYマンナビ編集部が、漫画家250人に対して行ったアンケート調査によると、57.8%の漫画家が漫画制作の全てをデジタルツールにて行っていて、37.6%が一部のみデジタルツールを使って行っており、合わせると9割以上の漫画家が漫画の制作時にデジタルツールを活用していることがわかった。手描きなど全てアナログで行っている漫画家は4.6%と少数だ。

     工程別に見ると、「スクリーントーン」で96.0%、「ベタ・ホワイト」で94.0%、「カラーの色つけ」で93.6%の漫画家がデジタルツールを利用していると回答し、特に塗りやトーンなどの仕上げの段階でデジタルツールを活用していることがわかった。こうした作業は従来アシスタントが行っていたが、現在ではデジタルツールに置き換わっているようだ。

     主に使っているツールは「クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)」が78.4%と最も多く、次いで「コミスタ(Comic Studio)」が12.7%、「フォトショップ(Photoshop)」が6.9%だった。

     漫画家がデジタルツールを導入したきっかけで、最も多いのは「コスト削減」で46.2%、次いで「スピードアップ」が42.6%、「品質向上/やり直しが効く」は19.5%と、「コスト削減」と「業務効率の改善」が大きな理由だ。確かにこれまでアシスタントが行っていた業務がデジタル化できれば、人件費の削減にもつながる。

     実際にデジタルツールを導入して得られたメリットとしては、「作業時間が短縮できた」が30.7%、「描き直しが楽」が26.3%、「コスト削減」が22.7%で、時間短縮が最も多い結果となった。実際に1作品あたりの作業時間数の削減は48.0%の漫画家が実感しているという。

     ただ、デジタルツールのデメリットとして、「アナログ同様に描けない」という回答が20.3%にのぼっている。手描きから移行した漫画家がデジタル化によって作業効率の改善は実現したものの、自分の持ち味や技術を発揮できないのではないかと懸念している傾向が強い。

    やはり、手描きの漫画にはデジタルにはない温かみや迫力を感じる。今後、如何に手描きに近づけていくかがデジタルツールの課題であろう。

    http://economic.jp/?p=74494

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 09:55:52.77 ID:FTluXC8z0
    浪川大輔
    水樹奈々
    新田恵海
    小野大輔
    立花慎之介
    畠中祐
    蒼井翔太
    水橋かおり
    神谷浩史
    春名風花
    佐藤利奈
    杉田智和
    諏訪部順一
    緒方恵美
    井上麻里奈
    堀江由衣
    増田俊樹
    INA85_recyoukonndensam-thumbnail2

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 18:11:08.28 ID:AUvnnHSM0
    考えたけどガチで無かった
    漫画 アニメ全部含めて
    no title

    続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 00:48:01.92 ID:YXG9p1ax0
    ユパ様かっこいい…

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ

    アクセスランキング